ネットで話題のニュース実況

ネットで話題の最新ニュースをまとめました!

魔女「あなたも独りなの?」少年「…………」

   

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:03:00.561 ID:6gh8yCJJ0.net
【森の奥】
少年「お前が緋色の魔女か?」

魔女「そうよ。あなたは?」

少年「お前を殺しにきたッ」カチャ

魔女「ふぅん。……でも、まだまだね。」スッ

少年「なっ……ク……ソ……」バタン 

100 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:29:29.023 ID:cTcpDJh9d.net

千年。
それはどれほどの時間なのだろう。
村は街となり、滅び、そしてまた新たな村が起こり、街となる。それが幾度となく繰り返される中、青年は一人生きた。
気の遠くなるほどの永い時間を独り。

69 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:01:43.988 ID:lfHqdJMt0.net

普通に面白かったはよしろカス

36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:22:37.692 ID:6gh8yCJJ0.net

【数日後】

少年「くらえっ」

魔女「はいはい。すっかり元気ね」

少年「クソ! 絶対倒す!」

魔女「そう。楽しみ」

少年「くっ……」

109 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:39:27.565 ID:/c3gIQy+0.net

見てる

130 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 23:21:44.625 ID:ewuouJpP0.net

よかった

41 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:26:32.803 ID:6gh8yCJJ0.net

【数日後】

魔女2「邪魔するぞ」

少年「なっ、誰だ! お前」

魔女2「ほぉ…… これが件の小童か」

魔女「あら、いらっしゃい。久しぶりね」

7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:06:40.882 ID:6gh8yCJJ0.net

【森】

魔女「ええと…… これと、これと、これか。まったく、人間の薬なんて普段は作らないからよくわからないわね」

魔女(それにしてもあの傷。魔獣の牙や爪につけられたような傷じゃなかった)

魔女(だとしたら……)

魔女「だから嫌なのよ。人間は」

131 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/14(水) 00:20:45.687 ID:iuat2URN0.net

途中まで読んでて忘れてた
落ちてなくて良かった

119 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:45:16.645 ID:7FbOEmX1a.net

15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:10:11.029 ID:YIf27QZ10.net

>>9
タグ詳細

92 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:25:27.097 ID:cTcpDJh9d.net

青年「なあ、俺に魔法をかけてくれ」

魔女2「魔法……だと?」

青年「ああ。不死の魔法。いや呪いか。それを俺にかけてくれ」

魔女2「なっ…… まさかお前、緋色が目覚めるのを待つつもりか?」

青年「俺はまだあの人にもらった恩を何一つ返せちゃいない。それを返せる日が来るまで俺は待ち続ける」

12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:08:59.238 ID:MPzHoLzK0.net

続けてよいぞ、特に許す

49 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:36:09.829 ID:6gh8yCJJ0.net

魔女2「魔女も同じさ。どれだけ特別な力を持とうと数の前には無力だ。人間は力を持った私たちを恐れ、そして攻撃した」

魔女2「だから儂たちは隠れて、できるだけ人間と関わらないように生きた。儂たちが、魔女が生きていくにはそれしかなかった」

魔女2「それなのにアイツは人間を信じる事を辞められなかったんだ」

少年「アイツって……?」

魔女2「ああ。お前のよく知る魔女さ」

51 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:39:03.040 ID:6gh8yCJJ0.net

魔女2「最後の頼みの綱を失って、とうとうアイツは壊れた。あの事件以来アイツは森の奥に引きこもって、人間どころか儂ら魔女とも滅多に関わろうとしない」

魔女2「だから驚いた。まさかアイツがお前のような人間を召抱えるとはな」

少年「……俺は人間じゃないさ」

魔女2や「なに?」

少年「バケモノだからな……」

魔女2「フン……」

19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:11:22.611 ID:6gh8yCJJ0.net

魔女(独りねぇ……)

魔女「なるほどね」ナデナデ

少年「なっ…… 辞めろ!」

魔女「とにかく傷が治るまでは大人しくしてなさい。私を殺したかったからまずはその傷を治さないと駄目よ」

少年「くっ……」

114 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:43:55.382 ID:CeDtucNe0.net

____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ ___| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー───-′

96 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:28:05.289 ID:cTcpDJh9d.net

魔女2「……わかった。後悔……するなよ?」

青年「…………」コクッ

魔女2「緋色は幸せ者だな…… お前のような弟子を持てて…… 」

魔女2「いくぞ?」

魔女2「ハァァァァッ」キラ-ン

115 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:44:14.851 ID:3FZAJsFk0.net

134 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/14(水) 01:25:54.186 ID:UIgATOxU0.net

久々にSS見た

ここ数年はちょっと書いて飯や学校だから保守よろしくとかぬかすアホばかりだったからな

73 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:04:44.776 ID:cTcpDJh9d.net

青年「魔女だ。森の奥の緋色の魔女のことだ! どうして……どうしてアイツを……」

勇者「フッ。何かと思えば。悪事を働くものを成敗するのは勇者として当然のこと。貴様こそ何を言ってい――」

青年「……見たのか?」

勇者「ん?」

青年「アイツが……魔女が悪さをしているところを見たのかと聞いているんだ」

66 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:58:33.758 ID:cTcpDJh9d.net

青年「千年……! その呪いを解く方法はないのか!」

魔女2「わからん。先刻から目覚めの魔法を試してはいるが一向に目を覚ます気配がない…… 呪いをかけた勇者ならあるいは……」

青年「そんな……」

魔女2「近頃人間どもが、魔女狩りに精力的だという噂はあった。だから儂たちも身を潜めていたのだが…… おそらく村のやつらが緋色の討伐を勇者に依頼して、それを察知した緋色は、お前を遠ざけるために街へ使いに出したのだろう…….」

94 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:26:44.402 ID:hX9APj/or.net

支援

104 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:34:46.298 ID:cTcpDJh9d.net

魔女「……そう。どうやら随分待たせちゃったみたいね……ごめんなさい」

青年「いいんだ。そんなことどうだっていいんだ。この千年アンタに会うためだけに生きてきた。それが叶っただけで……もう……」

魔女「千年……そう……私そんなに眠っていたのね」

110 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:40:32.630 ID:cTcpDJh9d.net

青年「くっ…… はぁ……やっぱアンタには敵わねぇなぁ……」

魔女「ふふっ。ほら、早く」

青年「チッ…… ほらよ」

青年「……これで満足か?」

113 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:43:48.866 ID:YIf27QZ10.net


よかった

106 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:37:38.875 ID:cTcpDJh9d.net

魔女「ふぁ〜わ〜。やっぱり私まだ起きていないかもしれないわ」

青年「は? 何言って――」

魔女「だってアレされてないもの。アレ」

青年「アレ?」

85 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 22:17:44.201 ID:cTcpDJh9d.net

青年「……失せろ!」

勇者「……えっ?」

青年「そいつらを連れて、さっさと俺の前から失せろと言っているんだ!」

勇者「……! チッ……」スタコラサッサ-

58 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:46:35.353 ID:cTcpDJh9d.net

魔女「それにしても、やっぱり人間ってすぐ成長しちゃうのね」

青年「ああ?」

魔女「私はこの姿になるまでもっとたくさん時間がかかったわよ。それにもうこれ以上は歳もとらないし死にもしないわ」

青年「不死の呪いってやつか?」

魔女「ええ。魔女には生まれつき不死の呪いがかけられてる」

62 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:52:35.911 ID:cTcpDJh9d.net

魔女「じゃあ街に行ってこれとこれ買ってきてちょうだい。歩いて行くことになるけど大丈夫?」

青年「当たり前だ! すぐ戻ってきて殺してやるよ」

魔女「ふふ、楽しみね。行ってらっしゃい」

魔女(バイバイ……)

23 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2018/02/13(火) 21:12:52.026 ID:6gh8yCJJ0.net

魔女「はい、まずは朝ごはんよ。食べなさい」

少年「なっ…… 誰が魔女の作った飯なんか食べるか!」

魔女「もう…… 駄目よ、わがまま言っちゃ」

少年「くらえっ」ヒュン

魔女「あら、フォークは投げるものじゃないのよ、お行儀悪い。それにこんなもので私を殺せるわけないでしょ」

少年「クソ……」

 - ニュース